平成30年度本谷川通常砂防(再編関連)工事第1工区

既設の砂防堰堤を補強するため全国的にも事例の少ない長距離圧送による143m3のコンクリート打設(水平距離320m、標高差50mの延長500mの配管、定置式ポンプ2台)を行いました。